枕の通販 専門店

布団の通販なら寝具のヨクネル

カテゴリ:睡眠について( 4 )

枕の通販@居眠り病

もし、仕事中に耐えがたい眠りが襲ってきたらどうしますか?

しかも、そのまま抵抗空しく眠ってしまうとしたら。


こんな病気が実はあるんです。

普段から夜更かしや昼夜逆転の生活を送っていると、
突然この急激に睡魔が襲う病気を発症してしまう可能性があるんです。


この病気をナルコブレシー、別名「居眠り病」と言います。
症状としては睡眠発作・脱力発作・入眠幻覚・睡眠麻痺(金縛り)の4つの特徴があります。

これは、何の前触れもなく突然睡魔が襲います。
それは仕事中であろうが、電車に乗っていようが関係ありません。

それに、凄く喜んだり、びっくりしたりした拍子に起こることもあります。

正直、これだっていう原因も分かっていません。
なので、対処法も確立されていないのが現状です。

ただ言えるのが、普段の睡眠パターンが不規則であったり、
ストレスをため込んでいて、夜はあまり眠れないといった精神的な部分から起こるとされています。


ですから、この怖い病気を避けるためには、しっかりと睡眠を取り、
寝不足が続かないようにする必要があります。


この病気の怖いところは何と言っても、
突然眠りに入ってしまうところです。

下手をすると大けがにつながりません。

なので、今睡眠不足でちょっと疲れがたまっているって言うあなたは、
どうか気をつけてくださいね!


グッスリ眠るために、高機能な枕を使ってみませんか?
枕は自分に合うものを使うと、ホントにグッスリ眠れます。


只今布団ランキングに参加中!
今現在の順はさて何位?
[PR]
by emakura | 2009-12-29 00:21 | 睡眠について

枕の通販@いい眠りと照明

メリークリスマス!
今日はクリスマスイブですね!

夜は家族や恋人と楽しく過ごして下さいね!
夜寝るときはいい枕で寝るようにしください!


それでは、今回はいい眠りと照明についてです。

あなたの家の照明の明るさって
どのくらいなのか知ってますか?

平均的な家庭の照明は
300ルクスという明るさのようです。


さて、ここで出てきた「ルクス」という明るさの単位。

実はこれがいい眠りには重要なんです。

実際に寝る前の数時間は200ルクスという明るさが
いいとされています。

これは、日が沈みかけの夕暮れ時の明るさです。

この明るさがなぜいいのかというと、
あるホルモンが関係しています。

それは「メラトニン」というもので、
別名、睡眠ホルモンとも呼ばれています。

これは、太陽の光を受けてから数十時間たたないと、
体から分泌されません。

さらに、ある程度の分泌量がないと効果を発揮しないんです。
ただ、このホルモンの分泌により、人は眠くなるのです。

このメラトニンは、夕方から暗くなるにつれて分泌量増えてきます。
そして、自然と眠たくなってくるのです。


ですが、現代では部屋の中はいつまでたっても明るいままです。
なので、このメラトニンの分泌を妨げてしまうんです。

なので、夜寝る前は徐々に明るさをおとして、
自然とメラトニンが分泌されやすいようにしてあげると、
眠気も自然と起きてきます。

ですから、就寝前の2時間ぐらい前には部屋の明かりを
ちょっと暗くするといいですね。

また、寝る直前まで仕事をしたり、パソコンを触ったりするのはよくありません。
脳が活性化したままなので、寝つきが悪くなります。


今回は照明を使った快眠方法なので、
今晩からでも簡単にできると思いますのでチャレンジしてみてください!


快眠・安眠に必要な枕の通販ならこちらから!
いい眠りは枕も大切です。
枕を変えるだけで快眠できるようになった
という人も多いです。
[PR]
by emakura | 2009-12-24 16:40 | 睡眠について

快眠 枕@子供の睡眠

快眠にはいいで寝よう!


今回は子供の睡眠について紹介します。

以前スーパー銭湯に夜11時頃に行ったんですけど、
その時に小さな男の子がいたんです。
まだ、4歳ぐらいの子供です。

こんな時間にいてるなんてびっくりです!

僕たちが子供の頃なんて、
8時ぐらいにはもう寝かされていましたけどね!

早く寝ないと怒られていましたから。

でも、子供が夜遅くまで起きているのは
やっぱりいろいろ問題があります。

普通に考えて、子供の睡眠時間というのは
特に小学校に行く前の子供なら、
最低でも8時間は寝ないとダメです。

それなのに、最近の子供は睡眠時間が減っていて、
それが身体能力にも影響しているようです。

ですから、小さなお子様のいる家庭は、
できるだけ夜の外出は避けて、
お子様を早く寝かせる環境を創りましょう。


子供の睡眠が不足すると、

免疫力の低下
成長ホルモンなどの分泌が悪くなる
生活習慣病や老化の危険性
性の早熟化
学力低下
忍耐不足

などの影響が出てきます。

これは、睡眠不足による脳の発達が悪くなるからです。

ですから、寝る子は育つ!
とはよく言ったもので、しっかり睡眠を取っている子は
元気で活発です。

ですが、睡眠不足のお子様はちょっと元気がないですね。
ですから、できるだけ小さなお子様は夜は9時までに寝るようにさせ、
夜更かしをさせないようにして下さい。

お子様の為にも大人が気をつけてあげなくてはいけません。
大人の都合で子供の成長を妨げないようにして下さいね!



お子様にも安心して眠れる布団ならこちら!
ダニ、ホコリなどはアレルギーの原因です。
それらを発生させない布団なら、
お子様も安心して寝かせれますよね!
[PR]
by emakura | 2009-12-22 13:58 | 睡眠について

快眠 枕@効果的な昼寝の方法

皆さんもお昼寝ってしたことありますよね!

このお昼寝ですが、短い15~20分程度の場合って
意外とすっきりして、1時間ぐらい寝ちゃうと逆に
なんだから体がすっきりしていないという経験はないですか?


実はこのお昼寝の時間は結構重要なんです。

長い時間昼寝をしてしまうと、起きた時に、
体がまだ寝ている状態と思いこんでいるんです。

これは、睡眠慣性と呼ばれています。
起きているのに、身体的には寝ている状態です。

それから、昼寝をしすぎると夜に眠れなくなったり、
浅い眠りになってあまり疲れが取れていないという事にもなります。


このように、昼寝も間違った方法でするとすっきりするどころか、
かえって体に負担がかかり、睡眠の周期を崩してしまう可能性もあります。


そもそも眠りにはステージがあります。

眠りに入ってすぐに、まずはウトウトした状態であるノンレム睡眠ステージ1に入ります。
そして、完全に眠りはじめてから5~10分程度でステージ2に達し、20分を経過するとステージ3、
約30分を経過すると、もっとも眠りが深いステージ4に達します。

そして、このステージ3と4のときに脳波を調べると、
徐波という大きな緩やかな波形が観察できるそうなのです。

この徐波睡眠が出現するまでの時間は、その人ごとにほぼ決まっています。

この徐波睡眠こそが、長い時間の昼寝をした時のけだるさの原因なんです。
ですから、昼寝で30分以上寝てしまうと、本格的な眠りにまで到達してしまうので、
体が夜の眠りと勘違いしてしまい、起きた時にしっかり覚醒できないんです。

さらに、実際に夜寝るときには一度徐波睡眠を昼にとってしまっているので、
ちゃんと深い眠りに入ることができないことがあります。
そうなると、どうしても眠りが浅くなってしまうので、疲れが抜けないという状況になります。


ですから、お昼寝としてちょうどいい時間は、
短いようですが、15~20分程度が最適です。

このとき、更に目覚めを良くしたい場合は、お昼寝の前にコーヒーを飲んでおくと、
すっきり起きられます。
これは、コーヒーのカフェインが効き始めるのが大体飲んでから15分程度たってからだからです。

このお昼寝をうまく利用して、すっきりして午後の仕事に取り組んで下さい!



お昼寝用にひとつ枕はどうでしょうか?
枕の通販ならヨクネルでどうぞ!
いい眠りにはいい枕が付き物ですよ!
低反発の枕や有名ブランドの枕まで多数 通販中です!
[PR]
by emakura | 2009-12-21 13:45 | 睡眠について